車の修復歴について

車の修復歴があれば、買取価格が減額します。

買い取ってもらえない。

と勘違いしている方もいますが、それ間違いです。
どこの業者でも買い取ってくれるでしょう。

ではなぜ買取額が減額するのでしょうか。
これについては諸説ありますので、いくつか紹介したいと思います。

 

修復歴と修理歴は違う

修復歴とは車の内部の重要機関を修理した場合のことであり、
外装などの板金程度では、修復歴とは言わず修理歴という。

つまり修理歴ではなく、
修復歴がある自動車は内部の重要な機関を修理しているので、
査定額が安くなる。

 

需要の問題

修復歴あり。
だと、買い手が少ないという理由で、査定額が安くなるという説もあります。
いくら中古車でも完璧を求めるユーザーも多いので、自然と需要も減るでしょう。

 

修復したとしても以前と同様かは別問題

たとえ修理したとしても、
以前と同様のパーツだと考えるのは疑問視できます。

やはり修理しているのですから、前ほどの強度や性能が出せるかどうかはわかりません。

 

修復内容がわからない

どこの部分を修理したか、
という状況は整備記録簿などに記載されていれば分かるのですが、
その部分がどの程度壊れていて、どの程度直したのか。
それに連動する関連部品は交換しているのか?
などなど、「どの程度修復したのか?」が完璧に把握することができません。

ですので実は手抜き修理だった。
ということもありますので、査定額が低くなるという説もあります。

修復歴がある車は、売却ではなく廃車にするという選択を取る方が多いですが、
それは正しい方法ではないかもしれません。
廃車について下記ページに掲載していますので、ご覧ください。
>>廃車は損をする

サブコンテンツ

このページの先頭へ