廃車は損をする

廃車は損をするってご存知でしょうか?
これはどのような車も例外なく損してしまう可能性があるのです。

廃車には

一時抹消

永久抹消

2種類があり、これは書類上での手続きのことを指します。

しかし、廃車とは一般的に車を処分する。
という意味で使われることが多いです。

冒頭で記載した、損をする、というのは処分をすれば損をする。
という意味で捉えてください。

廃車処分で損をしてしまう理由

ではなぜ廃車処分をしてしまえば、損をする可能性が高いのか。
それは

・部品取りとして買い取ってもらえる可能性
・解体屋にて鉄として買い取ってもらえる可能性

この2つに分類されます。

部品取りとして買い取ってもらえる可能性

ボロボロで乗れないような車も内部の部品はまだ生きている。
というのはよくあることです。

そして、車だけではなく、そのパーツ(部品)にも需要はあるため、
買い取ってくれる業者は結構あります。

買い取ってくれる業者を探す方法は。下記ページから
>>簡単に高く買い取ってくれる業者を探す方法

解体屋にて鉄として買い取ってもらえる可能性

解体屋にとっては鉄は価値のあるものです。
車のパーツは鉄を多く利用していますから、車1台分となるとそれなり価値はあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ