ローンの残債がある場合

ローンの残債がまだあるから、車の買取を諦めている方が多いのではないでしょうか?

完済していないと買い取ってもらうことができず、しぶしぶ今の車に乗っている。

本当は買い替えたい・・・

という方もいるかと思います。

しかし今は便利な世の中です。
ローン返済サービスというのはご存知でしょうか?
危ない闇金業者を紹介しているワケではございません。

車を買い取ってもらう業者に
ローンを肩代わりしてもらうサービスのことです。

今ではこのローン返済サービスは一般的となっており、
ほとんどの車買取業者がサービスを提供しています。

そのシステムは、あなたの車を買い取ってもらう業者に、
その車のローンを完済してもらい、車の所有者を今のローン会社ではなく、
車を買い取ってもらう業者に変えるのです。

つまり、ローン会社を買取業者に変更するということです。

システムの詳細

車を買い取ってもらう場合、買取依頼者が車検証に記載の所有者本人でなければいけません。
ですので一般的にはローンの残債がある場合、
所有者がローン会社であることから、買取は不可能だと思われています。

しかし上記のローン返済サービスを利用すれば、
車の所有者が直接、買取業者に変更されるため、買取が可能になる。
というワケです。

車の買取額は、ローンの返済額にあててもいいですし、
次の車の購入費用にしてもOKです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ